株式会社エイムテック

技術開発

コア技術 温度補正技術

日本エルピーガス機器検査協会の認定を受け、「セーバープロ」を2002年に全国販売開始。世界初・温度補正機能付き都市・LPガス用圧力計は高圧ガス保安協会にて教材として採用されました。
国内特許取得やニーズを取り入れたより使いやすい製品の販売、次世代型圧力計の開発と進化をつづけ、数々の技術評価を受ける国内シュアトップ製品となりました。

セーバープロ

セーバープロは、単なる圧力変化(低下)の計測だけでなく、自動的に温度補正を行い、漏洩の有無を判定する全く新しい検査機器。セーバープロは、単なる圧力変化(低下)の計測だけでなく、自動的に温度補正を行い、漏洩の有無を判定する全く新しい検査機器。

温度計で困難だった温度補正を、新技術で解決

配管は部分によって温度が異なります。また、配管内の温度を計測することは困難です。当社製品の最小表示目盛0.01kPaは約0.03℃の温度変化に影響されます。温度計で困難だった温度補正が、新技術で解決しました。

温度低下の
環境で計測した例
漏洩試験前の配管内の圧力(大気圧状態)を計測することにより、温度による圧力への影響を自動的に予測し、実際の計測結果と予測値を比較して漏洩を自動判定します。
温度低下の環境で計測した例

従来は青部分の漏洩試験による圧力低下のみで漏洩判断をしていました。セーバープロの新メカニズムでは赤部分の計測により確実な判断ができるようになったのです。

このグラフの場合、漏洩試験の圧力(青部分)は低下していますが、温度影響(赤部分)と比較して漏洩なしと自動判定します。

NEDOイノベーション推進事業

エイムテックは、技術の向上を目指す会社として、環境分野の製品開発を推進しています。

「バルク貯槽LPガス回収・再生システムの開発」は、平成19・20年度 経済産業委託事業「ガス回収システム開発」の基礎開発からはじまりました。2010年、経済産業省のプロジェクトは有識者の皆様より高い評価・提言を頂き、実用化に向けて前進していくことになります。
NEDOイノベーション推進事業の採択、ものづくり補助金の採択を受け、2012年にバルク貯槽内にあるLPガスを安全で効率的に回収する「バルク貯槽残留ガス回収システム」、「バルク貯槽作業支援システム(BWS)」の販売開始となりました。今後も製品の提供、整備を進め、ガス回収事業によるエネルギー再利用の推進を行ってまいります。

  • NEDO回収ガス再生装置
    NEDO回収ガス再生装置
  • バルク貯槽残留ガス回収システム
    バルク貯槽残留ガス回収システム
  • BWS(バルク貯槽作業支援システム)
    BWS(バルク貯槽作業支援システム)

エイムテックの技術開発

圧力試験における
世界初の温度補正技術による
専門メーカーとして

弊社独自の技術・ノウハウを用いて、各種リークテスターの開発・製造・販売・メンテナンスおよび
ガス回収・再生技術開発等を行い、日々技術・品質の向上に取り組んでいます。
エイムテックだからできる、「安心」「安全」「環境」へ配慮したモノづくりに、これからも挑戦していきます。